砺波ロイヤルホテル宿泊予約

砺波ロイヤルホテルは富山県砺波市の13階建ての丘の上のリゾートホテルです!
砺波ロイヤルホテル
砺波のコスモスやチューリップ見るなら、となみバルーンフェスタで気球に乗るなら、世界遺産五箇山白川郷へ行くなら、立山黒部アルペンルートに行くなら、ゆっくり温泉に浸かるなら砺波ロイヤルホテルがおすすめ。

砺波ロイヤルホテル
和食、洋食、中国料理のレストランでは富山湾の魚をふんだんに取り入れたお料理を堪能できます。

夜景を眺めながら入る天然温泉は格別の気持ちよさ、清潔感あふれるピカピカのフロアにもかかわらず、全館浴衣にスリッパ履きでもOKというくつろげる雰囲気を併せ持っています。
まずは予約状況を見てみましょう。
宿の空室確認と予約プランチェック
大好評★★★★以上のクチコミもチェック!


富山県西部の砺波市(となみし)は、農家が田園に点々と散在する散居村の美しい風景やチューリップの球根の生産で有名です。 砺波平野の中心に位置する地理条件や北陸自動車道砺波ICが立地することから、周辺市町村と比べて人口増加率が高く、IC周辺には大型の郊外型商業施設も多く便利です。
見所:砺波夜高祭り(6月の第2金曜・土曜日)
砺波夜高祭りは砺波駅前周辺で行われるお祭。夜高行燈と呼ばれる優美な行灯が出町地区各町内から担ぎ出され、最後にはぶつけ合い壊されるという日本でも稀に見る喧嘩祭り。初日の夜高行燈勢揃い、二日目のケンカこと「突き合わせ」が見せどころ。

砺波ロイヤルホテルに宿泊しました

私たち一家3人は2010年10月10日に砺波ロイヤルホテルに宿泊しました。
このホテルを拠点として高岡や五箇山の観光をしました。
砺波ロイヤルホテル
駐車場の敷地も広いです。ホテルはほぼ満室とのことでしたが、駐車場は余裕がありました。
砺波ロイヤルホテル
ツインルーム(11階)はかなり広々しています。清掃も行き届いていて清潔感がありました。
砺波ロイヤルホテル
窓からの景色は森と湖だけ!高岡の方に目を向けると富山湾が見えます。
砺波ロイヤルホテル
(左)トイレは標準的なタイプ。アメニティーも標準的。(右)1Fロビー。ハロウィンの飾り付けがされていました。
砺波ロイヤルホテル
(左)岡の緑の上に白い建物なので、遠くからよく見えます。(右)朝食は和洋中バイキング。種類が豊富で、とてもおいしい。パンは焼きたて、シュウマイは蒸したて、無くなった料理はどんどん追加されてきました。シェフもホテルマンも出たり入ったり忙しく活気がありました。時間は7時から9時すぎまで。宿泊した日はツアーの団体さんの都合でしょうか6:30スタートでした。
砺波ロイヤルホテル
お風呂の写真はるるぶより。内風呂はとても大きく、露天岩風呂は気持ちいい!良い香りのひのき泥炭石鹸や馬油のシャンプーなどなんだかたくさん備え付けてあり、試すのが楽しかったです。夜9時過ぎに入りましたが、お客さんは10人ほどで広い空間を堪能できました。

砺波ロイヤルホテルへのアクセス

砺波ICからは要所に大きな看板があるので、見落とさなければスムーズに辿りつけるでしょう。
クルマのルートを見るには地図の「+」をクリックして拡大してみてください。
砺波ロイヤルホテルは山の上にそびえ立つ真っ白な建物なので、遠くからでもよく見えます。
所在地 :富山県砺波市安川字天皇330
アクセス :JR北陸本線高岡駅南口まで予約制定時(16:00/18:00)迎えバス有り。(3日前までに要予約です)
大阪方面から :車以外/JR北陸本線、高岡駅乗換、JR城端線、砺波駅下車、車で15分
車/名神高速米原JCTから北陸自動車道へ入り新潟方面へ~砺波IC~国道359号線を富山方面へ

東京方面から :車以外/上越新幹線、ほくほく線、JR北陸本線高岡駅乗換、JR城端線砺波駅
車/関越、上信越道長岡JCTから北陸自動車道へ入り大阪方面へ~砺波IC~国道359号線を富山方面へ

駐車場 ;無料駐車場220台有り

砺波ロイヤルホテルの予約はネットがお得

砺波ロイヤルホテルはもちろん電話でも予約できますが、インターネットなら旬のプランや限定割引プランがありたいへんお得です。ぜひご利用ください。
早速予約しましょう!
宿の空室確認と予約プランチェック
じゃらん会員登録

砺波ロイヤルホテル予約が取れないときは

じゃらんで予約が取れないときはるるぶでチェックしてみましょう。
公式サイトやじゃらん、楽天トラベルなどで満室のときでも、るるぶならまだ空いていることがあります。

また、るるぶのサイトはプランと予約状況が表で表示されるのでとても見やすく、ハイシーズンの予約に便利です。
るるぶトラベルで砺波ロイヤルホテルの予約状況をチェックする▶

砺波ロイヤルホテルから五箇山・白川郷へ

世界遺産の五箇山も白川郷。
ガイドブックでは高速道路の東海北陸道を通るように書いてありますが、砺波ロイヤルホテルからなら、わざわざ砺波ICまで戻らなくても下道で行くのがベターです。
五箇山まで高速で50分、した道で60分くらい、あまり差はありません。
その先の白川郷へも高速に乗らずに156号線でまっすぐ行きましょう。
10月の連休中でしたが、渋滞はありませんでした。
世界遺産
五箇山も白川郷も素敵でした!

砺波ロイヤルホテルに泊まりました(体験談):トピックス

砺波チューリップ公園

写真:じゃらんネットより砺波チューリップ公園(となみチューリップこうえん)は、富...

白川郷ライトアップ2011

2011年の白川郷のライトアップ日程は、 1月22日(土)・1月29日(土)・1...

飛騨の里ライトアップ

松倉山のふもとにある合掌集落、「飛騨の里」も冬のライトアップを行います。 JR高...

関連ニュース